とよた市民活動情報サイト助成金情報未来につなぐふるさと基⾦【2024年度公募】

未来につなぐふるさと基⾦【2024年度公募】

更新日:2024年04月21日

ふるさとプロジェクト

未来につなぐふるさとプロジェクトとは

キヤノン生物多様性方針のもと、「子どもたちの未来に美しく緑豊かなふるさとを残すこと」を目的とした生物多様性の啓発・保全活動です。

生物多様性を守るための5つのアクション「MY行動宣言」と連携し、協働団体の活動への参加促進や生物多様性の啓発・保全を目指しています。

基金の目的

本基金は、生物多様性の損失に歯止めをかけ、豊かさを取り戻す流れをつくるために、NPO等の市民による環境保全活動を支援します。本基金は、NPO等の市民による環境保全団体が行う、生物多様性の価値や保全活動の効果(有効性)を実証する調査活動、管理計画やモニタリング計画の策定等に対して助成を行うことを通じ、市民による環境保全活動の専門性を高め、継続的、効果的に取り組むための組織基盤を強化することを目的とします。

実施団体
キヤノンマーケティングジャパン株式会社・公益財団法⼈パブリックリソース財団
助成対象

助成金額

100万円/年(申請内容によって、申請金額を査定させていただく可能性があります。)

助成期間

最大3年間1年目2024年8月1日~2024年7月31日

※2年目以降の継続については、審査委員会で事業進捗や実績を審議して決定します。

助成対象団体数

3団体

助成対象活動

里地里山、湿地、森、林、海、水辺、特定植物群落、水源涵養など多様なエリアにおける活動。

各年度の活動では、下記の活動を2~3選択し、組み合わせて実施してください。下記の活動領域を全てカバーする必要はありませんが、管理保全の実践活動のみの助成申請はできません。

活動領域

  1. 活動対象地域の生物多様性の価値を明らかにし、活動の正当性を確認する調査活動
  2.  調査活動で確認された価値を守るための管理保全計画の策定
  3. 生物多様性の管理保全活動の実践
  4. 持続可能な維持管理体制の整備
  5. 人材育成(環境教育、自然観察会、インストラクター育成などを含む)
  6. モニタリング計画の策定と実施(管理活動の有効性の確認)
助成金額
51~100万円
問い合わせ先
特設ウェブサイト内(https://www.public.or.jp/project/f0104)の問い合わせフォームから。
問い合わせの受付は 2024 年 5 ⽉ 30 ⽇(⽊)17:00 まで。
※電話不可。メール・問合せフォームのみ。
募集期間
2024年04月16日(火)~05月31日(金)
応募締切日
2024年05月31日
備考
【応募方法】
「未来につなぐふるさと基⾦」ウェブサイト内(https://www.public.or.jp/project/f0104)、応募フォームよりご応募ください。
提出書類は、同サイト上の「提出書類⼀覧」にて確認のうえ、応募フォームよりアップロードしてください。
※郵送やメール添付での応募は受付対象外です。必ず応募フォームからご応募ください。
区分
助成金

この情報は、「とよた市民活動センター」により登録されました。

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています