とよた市民活動センター事業

市民活動コーディネーター つなぎすと

市民活動コーディネーター つなぎすと

つなぎすと

つなぎすとってなに?

● つなぎすととは・・・

  • 市民活動者・団体を理解し、
  • その課題を的確に把握したうえで、
  • 改善策を活動者・団体自らが選択するための情報提供を行い、
  • 合意形成のためのファシリテーション能力をもって、
  • 相談相手として見守り、伴走する活動応援者です。

とよた市民活動センターが開催する養成講座を受講し、
所定のトレーニング修了後、認定審査に合格した人たちが
「つなぎすと」として活動しています。

何をするの?

● つなぎすとは次のような活動をします。

  • 団体運営のアドバイスやサポート
  • 活動団体内の会議ファシリテーション
  • 活動に必要な各種のスキルをもっている人や団体の紹介
  • 活動団体のPR
  • 活動者の声を行政につなぐ
  • 行政事業等のファシリテーション

※ファシリテーションとは、会議の組み立てや 進行を担当する役割のことです。

つなぎすとを利用する メリットは?

  • メンバー以外の視点を組織に入れることで客観的な判断ができます。
  • 課題解決の手順、優先順位を客観的に決めるためのお手伝いをします。
  • 社会状況の変化を踏まえた情報提供をします。
  • 調査による団体内外の意見の集約ができます。
  • 会議運営をスムーズに行なうことができます。

→つなぎすと活動記録
つなぎすとの活動記録を見る事ができます。

→つなぎすと紹介(豊田市HP)